第101回『新宿食支援研究会』勉強会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【タイトル】

リハ栄養と新食研と私

【講師】


若林秀隆先生
東京女子医科大学病院リハビリテーション科教授
日本リハビリテーション栄養学会理事長

【内容】

Think globally, act locallyという言葉があります。食支援でact locallyの代表格といえば、新食研と京滋摂食・嚥下を考える会です。私は神奈川摂食嚥下リハ研究会で地域で活動してきましたが、2011年に日本リハ栄養研究会(現、学会)を立ち上げてからThink globallyに重きをおきました。今回、縁があって新宿区在住・在勤となりましたので、「新食研がリハ栄養を変える」「リハ栄養が新食研を変える」ことを一緒にMTK&Hしたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

【プログラム】(予定)

19:30~19:35 開会挨拶、注意事項案内 
19:35~20:55 講演
20:55~21:15 グループディスカッション(意見交換)
21:15~21:25 質疑応答
21:25~21:30 ご案内・閉会

【開催概要】

開催日:2020年8月7日(金)
時 間:19:30スタート
場 所:Zoom(オンライン配信)
参加費:1000円(税込)
定 員:100名

【対象】

介護・医療・その他
食支援に関心のあるすべての方

【お申込み】

https://shinshokuken101.peatix.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 3.呼吸療法認定士が考える食支援 胡谷 奏 COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾…
  2. 株式会社モテギモテギケアプランニング新宿主任介護支援専門員森岡 真也 ◆介護の相談はどこにす…
  3. 詳細 食べられていないのは『環境』のせい?福祉用具専門相談員の環境改善術。 【内容】 …

ピックアップ記事

  1. 2020-12-18

    第105回『新宿食支援研究会』勉強会

    詳細 食べられていないのは『環境』のせい?福祉用具専門相談員の環境改善術。 【内容】 …

アーカイブ

ページ上部へ戻る