第101回『新宿食支援研究会』勉強会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【タイトル】

リハ栄養と新食研と私

【講師】


若林秀隆先生
東京女子医科大学病院リハビリテーション科教授
日本リハビリテーション栄養学会理事長

【内容】

Think globally, act locallyという言葉があります。食支援でact locallyの代表格といえば、新食研と京滋摂食・嚥下を考える会です。私は神奈川摂食嚥下リハ研究会で地域で活動してきましたが、2011年に日本リハ栄養研究会(現、学会)を立ち上げてからThink globallyに重きをおきました。今回、縁があって新宿区在住・在勤となりましたので、「新食研がリハ栄養を変える」「リハ栄養が新食研を変える」ことを一緒にMTK&Hしたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

【プログラム】(予定)

19:30~19:35 開会挨拶、注意事項案内 
19:35~20:55 講演
20:55~21:15 グループディスカッション(意見交換)
21:15~21:25 質疑応答
21:25~21:30 ご案内・閉会

【開催概要】

開催日:2020年8月7日(金)
時 間:19:30スタート
場 所:Zoom(オンライン配信)
参加費:1000円(税込)
定 員:100名

【対象】

介護・医療・その他
食支援に関心のあるすべての方

【お申込み】

https://shinshokuken101.peatix.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 食支援における歯科と栄養の連携~大切な3つのポイントと連携の実際~ 【内容】昨今、歯科と栄養…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 3.食事と薬の関係・影響  食べることに影響する薬は市販薬、処方薬ともに沢山あります。例えば…

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    第111回『新宿食支援研究会』勉強会

    食支援における歯科と栄養の連携~大切な3つのポイントと連携の実際~ 【内容】昨今、歯科と栄養…

アーカイブ

ページ上部へ戻る