第110回『新宿食支援研究会』勉強会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

~スウェーデン・エスロブ市の高齢者施設では痰の吸引事例がない~

【内容】

スウェーデンの地方都市Eslöv(エスロブ)の定点観測を2005年から7年間(通算7回で260日)続け、私は単行本を2冊書きました。エスロブ市では高齢者が伴侶を亡くすと一人暮らしを厭わず、健康に暮らしています。例えば、スウェーデン全体では、在宅の認知症の重度者の割合は9%です(エスロブ市では6%)。
これはケアを担う、アンダーナ―スという医療の勉強を修めた介護福祉士の自立を促すケアが果たす役割が大きいと言えます。

【講師】


藤原瑠美 先生

スウェーデン福祉研究者 博士 / 地域活動「ニルスヘンメット」共同代表

【プロフィール】
1947年東京生まれ。清泉女子大学英文別科卒業
1968~2000年銀座和光勤務。婦人洋品部部長や広尾店店長などの管理職を務めながら1990年から11年間認知症の母の在宅介護を大田区福祉公社の協力会員の手を借りて続け家で看取る
2001~2015年 市民のための福祉勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰
2004~2012年 スウェーデンの高齢者ケアを定点観測して著作活動 
2010~2015年 国際医療福祉大学大学院、医療福祉ジャーナリズム学の博士号を修得
2016~2019年 レビー小体型認知症の夫の在宅介護を続け家で看取る
2017~現在 地域活動『ニルスヘンメット』共同代表

『ニルスの国の高齢者ケア ~エーデル改革から15年目のスウェーデン』(ドメス出版 2009年)。
『ニルスの国の認知症ケア 医療から暮らしに転換したスウェーデン』(ドメス出版2013年 医学ジャーナリスト協会賞優秀賞受賞)。
『残り火のいのち 在宅介護11年の記録』(集英社新書2002年)
『ボケママからの贈りもの働きながらの在宅介護五年半の記録』(PHP研究所1995年 2002年文庫化)。
『ケアの概念としてのオムソーリを考察する 短時間のホームヘルプで独居できるスウェーデンの認知症の人たち』(国際医療福祉大学大学院 博士論文 2005年)
『いのち声 帰天までの 40 日』(プチ★モンド 連載中 2020 年~)

【時間】(予定)

19:30~19:35 開会・五島代表より挨拶
19:35~20:35 講演
20:35~21:30頃 グループディスカッション(意見交換)質疑応答
閉会後   オンライン飲み会(希望者)


【開催概要】

開催日:2021年6月18日(金)
時 間:19:30~21:30
場 所:Zoom(オンライン配信)
参加費:1000円(税込)(メンバーも一般も)
定 員:100名

【対象】

介護・医療・その他関心のあるすべての方

【開催方法】

Zoomにて
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレットがあれば (カメラ、マイク付属)なら どこからでも受講できます。
ただし、資料などが見にくくなるので、パソコンでの参加を推奨致します。
Zoomアプリの使い方はこちらをご覧ください。

【参加方法】

こちらよりチケットをご購入ください。
https://shinshokuken110.peatix.com/

■セミナー開始1時間前までに、Zoom接続用URLを『登録いただいたメールアドレス』までお送りいたします。
■携帯電話の受信設定をしている場合は、「@peatix.com」からのメールが受信出来る様に設定してください。
■メールが届かない場合は迷惑フォルダに振り分けられている場合がございます。ご確認ください。
■Peatixのイベント視聴ページからご参加いただけます。
※Peatixのイベント視聴ページにアクセスするにはこちらのサイトを参考ください。
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001934587

【注意点】

◎当日不参加の場合、返金は出来ませんのでご了承ください。
◎1申込につき1つの端末でのみご参加いただけます。
◎受講者のパソコン、スマホ、タブレットPCなどの端末やインターネット環境などの事情により、受講者が当Webセミナーを視聴できない場合、弊社は一切の責任を負いません。
◎弊社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、受講者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
・本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
・天変地異、火災、停電その他当社の責に帰さざる事由により、本サービスの提供が困難となった場合
・コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
・本サービスで使用する弊社以外の者が提供するサービスが停止、中断、または終了した場合
・その他、弊社が本サービスの提供が困難と判断した場合
・弊社は、本サービスの提供の停止または中断により、受講者または第三者が被ったいかなる不利益、または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

【主催】
新宿食支援研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 健康のために自分の睡眠を見直そう!【内容】 皆さんの予想を裏切る形で長引いている『コロナ禍』…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 訪問看護ステーションやごころ 看護師 飯塚千晶  生活を支える医療を提供する中で、基礎を支え…

PR記事

  1. 2021-9-1

    Etak®OralCare マウスピース・義歯 抗菌スプレー

    マウスピースや義歯の臭い・ぬめり対策に! 起床後に、装着していたマウスピースの臭いやぬめりが…

アーカイブ

ページ上部へ戻る