• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月19日以下のように行いました。
●参加者:15名
●職種:歯科医師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、メーカー、デイ、鍼灸、福祉用具専門相談員など

木下さん。
●あごが外れやすい方の動画。
ティルト車椅子を利用、顎のバンド利用、
義歯を試みたが嫌がった。
頭部位置をさせていきたい。
設置面を増やす。倒し過ぎ?
丸く支えた方がいいのではないか?
荷重をささえる様にクッションを入れてみては?
ひじかけも固定なので外してしまってもいいのでは?

夜野さん。
●関節リウマチ。多中心性細綱組織球症。
指が縮まっている。左右に体を振って歩いている。
愛和義手(電動技士装具)を検討してみては?
足の指も支えられなくなっていくともっと歩けなくなる。
電動車椅子はうまく使えている。
ボタンはマジックテープにするなども。
片手マグを両手マグにするといいのでは?
テープで巻いてみてもいいのでは?
テニスボールをリハビリグッズにしてみては。

●小さい方。テーブルが合わない方。
椅子のクッションを入れて高さを出した。足に台を入れてみた。
とてもいい姿勢になっている!

小澤さん。
●良い姿勢をとれているのか?
ティルト車椅子。嘔吐が続いていたが最近収まっている。
特養だとすり潰し方が曖昧、刻みトロ。

●96歳
ティルト45度・リクライニング30度
顎あげて送り込んでいる素振りを見せる。
ベッド上でお食事される時は30度以上。
楽そうに見えても自分たちで乗ってみるといいのでは?
左麻痺なので左から介助?
→右の頬に入れている。
もし起こすなら

●姿勢の見方を統一しよう。
正面・横
ランドマークをつけると見やすい。
【メリット】
・撮り方を共通にすると経過もわかりやすくなる。
・2名を比べることもできる。

次回5月17日19時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 〜症例で知る訪問STのリハビリ〜【内容】 訪問で活躍している言語聴覚士グループ「ST訪問連絡…
  2. 3.食事と薬の関係・影響  食べることに影響する薬は市販薬、処方薬ともに沢山あります。例えば…
  3. 訪問看護ステーションやごころ 看護師 飯塚千晶  生活を支える医療を提供する中で、基礎を支え…

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    第109回『新宿食支援研究会』勉強会

    〜症例で知る訪問STのリハビリ〜【内容】 訪問で活躍している言語聴覚士グループ「ST訪問連絡…

アーカイブ

ページ上部へ戻る