飯塚姉妹 症例検討ケース10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5月13日(木)20:15~ 症例検討 第10回
参加者:五島・藤巻・蛯名・前田(島根県)・梅野・佐久間・飯塚・野村
患者紹介
• 患者:91才 女性
• 既往:アルツハイマー型認知症
• 現病歴:右乳がん・下顎骨転移

• ADL:全介助
• 食事:介助にて経口摂取
• 排泄:オムツ着用 全失禁
• 家族:独居

サービス週間スケジュール
• 毎日 訪問看護        ※往診医は月2回。※歯科診療はなし
• デイサービスに週4回通っている

現状の口腔内
~個人情報保護のため省略~

現在使用している口腔ケア物品
• 歯ブラシ・スポンジブラシを使用
• 水飲みの口腔ケアであったため、左記の物品使用開始

問題点・課題
• 腫瘍部が過敏となり、自己でのケアが不十分
• 腫瘍部に食物残渣が溜まりやすい
• 感染のリスクが高い→自己でのケアに対する理解が乏しい(認知症特有?)
• 白苔?はとっても良いものか・・・
• 口腔ケア物品を2種類ほど試し、今使えるものにたどり着いたが購入先がない

【ミーティング内容】
・粘膜を傷つけるためスポンジブラシ・歯ブラシは禁。 
・疼痛コントロールに努め、口腔内傷つけないようシリンジ等を用いて愛護的に洗浄する。
・感染予防に努める。
・早期に歯科診療の介入を依頼し、抗生物質軟膏等を頻回に塗布する。(JGパスタ)
・ガーゼに消毒液を染みこませて蓋をしてあげる。
・口腔ケアに拒否がある方であり、口腔ケアをやることでご本人様の苦痛が増えるのでは?
と考えていたが、終末期だからこそ専門家の介入を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 食支援における歯科と栄養の連携~大切な3つのポイントと連携の実際~ 【内容】昨今、歯科と栄養…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 3.食事と薬の関係・影響  食べることに影響する薬は市販薬、処方薬ともに沢山あります。例えば…

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    第111回『新宿食支援研究会』勉強会

    食支援における歯科と栄養の連携~大切な3つのポイントと連携の実際~ 【内容】昨今、歯科と栄養…

アーカイブ

ページ上部へ戻る