• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月10日20時より以下のように行いました。
●参加者:21名
●職種:
歯科医師、理学療法士、作業療法士、小規模多機能職員、管理栄養士、ケアマネージャー、矯正医師、鍼灸、訪問看護、歯科衛生士、
福祉用具メーカー、福祉用具専門相談員など
●参加地域:東京、大阪、京都など
●内容:
デンマークイン佐藤先生より動画提供。事例検討。
①車椅子での食事をするパーキンソン病で前傾姿勢になれない方の食事動作。

器の形状。姿勢改善法。配置環境。食具。などについてそれぞれの職種の目線で議論。
②認知症、視力障害の方の食事動作。

食形態。緊張した座位姿勢。介助方法。嚥下咀嚼。などについてそれぞれの職種の目線で議論。
●次回内容:
今回いくつもの改善点が上がったため実際に行った後の動画をみていく。
●次回日にち:
1月14日20時10分より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 3.呼吸療法認定士が考える食支援 胡谷 奏 COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾…
  2. 株式会社モテギモテギケアプランニング新宿主任介護支援専門員森岡 真也 ◆介護の相談はどこにす…
  3. 詳細 食べられていないのは『環境』のせい?福祉用具専門相談員の環境改善術。 【内容】 …

ピックアップ記事

  1. 2020-12-18

    第105回『新宿食支援研究会』勉強会

    詳細 食べられていないのは『環境』のせい?福祉用具専門相談員の環境改善術。 【内容】 …

アーカイブ

ページ上部へ戻る