第24回 飯塚姉妹 議事録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日時:2022年10月27日(木) 20:15~21:15

場所:ふれあい歯科ごとう・オンライン開催(ZOOM)

参加:吉川先生(島根県・歯科医師)、

笠原先生(諏訪市・歯科医師)、

神代(こうじろ)先生(島根県・歯科衛生士)、

佐藤先生(鹿児島県・訪問看護師)、

吉村先生(世田谷区・理学療法士)、

大川先生(世田谷区・訪問看護師)、

秋沢先生(調布市・訪問看護師)、

坂野先生(山梨県・歯科衛生士)、

増田先生(東京都・訪問看護師)、

倉持先生(茨城県・歯科衛生士)、

磯崎先生(東京都・介護)、

奥山先生(東京都・看護師)

小澤先生(東京都・歯科衛生士)、

貞方先生(長崎県・訪問看護師)、

蛯名先生、五島先生、藤巻先生、多川先生、増田先生、飯塚、野村

<前回症例の振り返り>

50歳代女性、乳がん、ステージⅢC、週1回外来化学療法

・4クール目から舌に口内炎出現、疼痛

・舌の痺れ

・味覚障害

・体重減少

・6クール目から口腔ケア時の出血

・市販のサメミロンを購入して塗布

唾液の減少→刺激物は避ける

甘いものなら大丈夫→甘いものを過剰に摂ってる可能性

水がだめ→白湯は?→人肌に温めた白湯は問題なし!

唾液分泌減っていて、乾燥してるから傷つきやすい

ハチアズレ処方依頼→医師にメモを渡していただき処方してもらった!

タフトブラシは平らな部分を磨くのは不向き。普通の歯ブラシとタフトブラシの併用を指導。柔らかい歯ブラシ(ウルトラソフト)を使ってもいいかも。

水での含嗽が辛かったら生食や白ごま油を使用してもいいかも

<今回の症例>

口底部癌頸部リンパ節転移の症例~在宅介入があるも口腔内に注意を払わなかった結果~

要支援2、男性

転倒をしないように活動量upを目指す介入をしていた

常食:奥様調理

ご家族:痩せていることを心配していた

食事内容記録

★咀嚼違和感あり

2ヶ月で10kgマイナス。

★会話時滑舌悪く、聞き取りにくい。口腔機能低下の恐れあり

本人は5~6ヶ月前から違和感があった(入れ歯が合いづらい)が、

問診等で捕らえられなかった。

3ヶ月目には緩和ケア病棟へ入院となった。

介入したそれぞれの職種が固まった考えで診てしまっていた。

口の中に注意を払ってもらいたい!

口臭に対して使うフラジールはどうやって使う?

→保険適用外。粉末にして塗布(ガーゼ交換のタイミングで)。臭いは軽減する。

看護師の実際はどう?

介護度が低いと口腔ケアの優先順位はなかなか低め

患者さん側のハードルも高め

食べにくい・体重減少で見ることが多いかな。

意識の問題

歯科サイド

注意を払ってもらいたい

1961年 看護の基本となるもの

看護の質は口腔ケア

リハビリ

来所時にうがいしてもらう→食残の有無チェック

歯科衛生士

口の中にはたくさんの情報がある

口腔機能向上加算(STでもNSでの可)

◆次回(予定) 第22回飯塚姉妹 2022年 11月 24日(木) 20時15分~ 

議事録作成:訪問看護ステーションやごころ 野村

議事録確認者:飯塚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 【テーマ】川口先生に訊く「新たな宅配弁当のニーズとソリューション」~これまでの調査・分析を踏まえて…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 訪問看護ステーションやごころ 看護師 飯塚千晶  生活を支える医療を提供する中で、基礎を支え…

PR記事

  1. 2022-6-9

    介護食あいーとのご紹介

    ●[あいーと*]とは、“I eat”=自ら食べる、という意の造語で、介護食、術後食などでお選びいた…
ページ上部へ戻る