第30回飯塚姉妹 ミーティング議事録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

第30回 飯塚姉妹 議事録

日時:2023年6月29日(木) 20:15~21:15

場所:ふれあい歯科ごとう・オンライン開催(ZOOM)

参加:吉川先生(島根県・歯科医師)、

前田先生(島根県・歯科医師)、

俣野先生(長崎県・歯科医師)、

松本先生(埼玉県・歯科医師)、

川端先生(東京都・歯科医師)

丹藤先生(青森県・病院看護師)、

坂野先生()、

笠原先生()、

江角先生()、

小澤先生()、

佐久間先生()、

吉村先生()、

インクラン先生(東京都・看護師)

増田先生(東京都・看護師)

蛯名先生、五島先生、藤巻先生、多川先生、飯塚、野村

<今回の検討>

90歳 独居 要介護4

脳血管性パーキンソニズム→徐々にADL低下

ADL:ベッド上の生活、ベッド側にPトイレ

食事:配食、テルミール1~2本/日

清潔:ヘルパーにて入浴介助

歯科:月2回

リハビリ:週1回

ヘルパー:毎日

看護:週1回

<問題・課題>

・虫歯が絶えない

・訪問歯科より電動歯ブラシの使用を勧められているが、本人使えない。

・ヘルパーさんは電動歯ブラシの充電だけ

<検討>

・根尖病巣?根っこが割れてる?

・口蓋側にプラーク多

・電動歯ブラシは使いこなせないと意味なし

・咬耗→擦れている、円背、ブラキシズム

・治療が必要な歯ではないかな…

・神経の治療→栄養血管、枯れ木の状態

・出血してもOK、多少痛みあってもブラッシングした方がいい

・ブラシの当て方次第できれいになる、下45度、上は腫れてるところの隙間

・ブクブクうがいは出来てる?残渣残りがち

・歯肉増殖、プレガバリンの副作用の可能性あり

・まずは口腔ケアできる環境整備を始めていく→快適に過ごすこと

・訪問の歯科衛生士に介入してもらうことも必要

・歯科の先生に働きかけ、先生の動きによっては支援者主体で動いていく

・介護側、歯は関係ない、生活上での口腔ケア・医療面での口腔ケアが混ざっている感じ

・訪問介護の計画書に口腔ケアを組み込んでもらう

・ヘルパーさんには具体的に方法を提案

・「お口の見方シート」、ツールを使ってみるのも→多職種連携、共通認識

◆次回(予定) 第31回飯塚姉妹 2023年 7月 20日(木) 20時15分~ 

議事録作成:訪問看護ステーションやごころ 野村

議事録確認者:飯塚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 【テーマ】『WG食動研 活動報告会』【内容】皆さんは食に問題がある方の食事場面をじっくり観察してい…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 訪問看護ステーションやごころ 看護師 飯塚千晶  生活を支える医療を提供する中で、基礎を支え…

PR記事

  1. 2022-11-28

    ■宅配弁当 各事業者のトピックス

    宅配弁当の事業者の商品やサービスなどをご紹介します。 新宿区をデリバリーする宅配弁当の事業者…
ページ上部へ戻る