• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日時:令和2年12月19日(火)20:00~

場所:ふれあい歯科ごとう

出席者(敬称略):豊田、羽賀、齊藤

今後の方針:

薬剤師会会員を中心に、栄養ケアに「興味ある」とアンケート回答していただいた薬局に対してお手紙をだすと考えている。新食研に誘えるように

外来指導に活かせる栄養の知識

薬効での分類?薬剤師が興味を持つようにと考えると、食支援(生活に踏み込んだ)ものが良い。

文化的なもの、食事に対するこだわりなど。薬局ベースで出しているところが少ない

薬局→地域(生活、社会生活、地域ケアスタッフ、食文化:治療成績ではなくQOLに踏み込んだもの
月1回でも薬を中心にまとめていきましょうか。→議事録をもとに

*「薬と食支援」検討会

新宿区(地域)の視点を存分に入れる。

薬局薬剤師分野で新食研の啓発。薬-食

ICFもと調査票(誰が、誰に対して:在宅高齢者だと契約書(同意書)に入っている。

個人情報を特定できないよう、年齢と性別だけなどとして処方(調剤)情報を使えないか?

処方をつなげる。処方データのレセプトデータの使用方法などについて調べる

あと5薬局くらい仲間を増やす

(オンラインでの会議について)

マイクロソフトTeamsでやってみようか。

企画①次回:NSAIDsと食事をテーマに勉強会をはじめてみる 次回、「(さいぼうずウイング仮)」R3.1月19日(火)20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 食支援における歯科と栄養の連携~大切な3つのポイントと連携の実際~ 【内容】昨今、歯科と栄養…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 3.食事と薬の関係・影響  食べることに影響する薬は市販薬、処方薬ともに沢山あります。例えば…

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    第111回『新宿食支援研究会』勉強会

    食支援における歯科と栄養の連携~大切な3つのポイントと連携の実際~ 【内容】昨今、歯科と栄養…

アーカイブ

ページ上部へ戻る