第21回飯塚姉妹 ミーティング議事録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

第21回 飯塚姉妹 議事録

日時:2022年6月16日(木) 20:15~21:15

場所:ふれあい歯科ごとう・オンライン開催(ZOOM)

参加:俣野先生(長崎県・歯科医師)

吉川先生(島根県・歯科医師)

前田先生(島根県・歯科医師)、

西尾先生(大阪府・歯科医師)

小澤先生(長野県・歯科衛生士)、

坂野先生(山梨県・歯科衛生士)、

荻野先生(岡山県・歯科衛生士)、

倉持先生(茨城県埼玉県・歯科衛生士)、

磯崎先生(東京都・介護事業所)、

梅野先生(大阪府・看護師)

蛯名先生、五島先生、藤巻先生、多川先生、飯塚、野村

<症例検討>

  • 前回症例の振り返り

<患者紹介>

黒毛舌 2ヶ月後の経過報告。とても綺麗になりました!!!

    デイサービスには週1回しか来れないが、ご自身が自宅でやり始めたことが良かった。

    改善したことで口腔内が気持ちよくなった、味覚が良くなった→意欲に繋がった。

実際のケア:デイサービスでは粘膜ブラシ・スポンジブラシにてふやかしながら1日のなかで3回くらい実施。自宅ではスポンジブラシのみでブラッシング。舌が前に出ていたのが、口周りの筋肉・喉元の筋肉への刺激をしたのが良かったのか、口が閉じるように。唾液腺マッサージも行い、口腔内乾燥が防げてきている。

  • 今回の症例

<患者紹介>

少しピリピリする

週3回デイサービス利用中。口腔ケア実施。

80歳代の方、ワーファリン内服中のため抜歯はできない。

右頬側・右舌横側に口内炎?

全体的に舌が白っぽい?

1月頃から荒々しい印象→受診促すも特に問題ないと経過観察。

ここのことろ痛みの訴えあり。

舌がテロテロしてない?

胃腸を壊したことはない?→健康状態は問題なし

自分の歯がありますか?→上顎、右上5番から左上4番まで自歯で、あとはパーシャルデンチャー

下顎はフルデンチャー

左上4番が動揺歯

錠剤を飲み損ねて潰瘍になった?→頬と舌を同時に噛むことはない。薬が張り付いて潰瘍になったのか。

噛んだ傷→噛み癖か、白いのは治りかけ。刺激を取り除くために義歯を一旦外してみては?

アフタ性の口内炎では?

ヘルペス性の口内炎では?

治療法→痛み止め、洗口液、レーザー、薬物塗布

口内炎に対する口腔ケア方法

→受診し結果を踏まえた上で、熱いものや酢の物を避けるようにするといいかも

ワーファリンの量を確認→準備をすれば抜歯も可能

ハチアズレ・アズノールの処方は医師でも可能、医師にかかるまでに市販の口内炎の薬を使用してみては。

薬剤は短期・ピンポイントに使用する

うがいはぬるま湯がいいのかも、塩分濃度が低いと刺激はないのでは

◆次回(予定) 第22回飯塚姉妹 2022年 7月 21日(木) 20時15分~ 

議事録作成:訪問看護ステーションやごころ 野村

議事録確認者:飯塚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 【テーマ】川口先生に訊く「新たな宅配弁当のニーズとソリューション」~これまでの調査・分析を踏まえて…
  2. 1.”あなたにとっての食べること” 私は小学生の頃このような話題でよく盛り上がりました。「も…
  3. 訪問看護ステーションやごころ 看護師 飯塚千晶  生活を支える医療を提供する中で、基礎を支え…

PR記事

  1. 2022-6-9

    介護食あいーとのご紹介

    ●[あいーと*]とは、“I eat”=自ら食べる、という意の造語で、介護食、術後食などでお選びいた…
ページ上部へ戻る