飯塚姉妹 症例検討 第4回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WG 飯塚姉妹  10月1日(木)20:00~ 症例検討 第4回
参加者:五島・藤巻・飯塚・野村

• 患者:K.T 88才 男性
• 既往:40代 高血圧 アムロジピン内服中 
60代 前立腺癌術後
75歳頃 左腎癌 東
80歳頃 逆流性食道炎 ガスモチン・パリエット内服中。

2014年 糖尿病・慢性腎不全・眼障害 トルリシティ皮下注射・グルファスト内服にてコントロール。
2019年 認知症
2019年9月 帯状疱疹 アラセナ軟膏・バルトレックス内服。

  
現病歴:2020年7月15日、呂律障害・歩行困難が出現。
往診医へ連絡し、診察を受け夜間は経過観察となった。
7月16日、再度往診医診察し、救急搬送されアテローム血栓性脳梗塞と診断を受け、緊急入院。

・ ADL:ベッド上、自力での体動困難
・ 食事:経口摂取可だが、脳梗塞による意識レベルにむらあり、安定した摂取量は困難
・ 排泄:オムツに失禁。

  家族:KPは奥様。老老介護。

週間スケジュール
・ 月~土 AM ヘルパー PM看護
      ※往診医は月2回。※歯科診療は入っていない。

現在使用している口腔ケア物品
• 歯ブラシ・スポンジブラシ
• お口をきれいにするジェル  ・ガーグルベースン
問題点・課題
• 意識レベルにムラがあり、ケア遂行困難なときが多い
• 家族への拒否が強く、家族サイドによるケアが困難
• 硬口蓋~軟口蓋にかけて白苔?付着があり、ケア時除去するが翌日には同様になっている
• 栄養管理が不十分、水分摂取も困難
• 脳血管疾患に対する口腔ケアのポイントは?
ミーティング内容 
毎日口腔ケアしてもつく→新陳代謝が悪くなり、膜が張る。

意識レベルにムラがある患者の口腔ケア、噛む、開口してくれない
→うがいができるときはウノティウォッシュ、
→ディーアールウォッシュでうがい
→効果試してみて購入勧める。
→開口器を使用して口腔ケアする

栄養管理
→水分を摂る
脱水により口腔内乾燥悪化

毎日介入 →指にジェル3分くらい馴染ませる。
保湿剤つけて時間を開ける。
終了後にも保湿剤

誤嚥が心配なときは保湿剤を薄く塗って垂れなくする。
歯にピント合わせて撮影

口を開ける器具と開口器を併用する

ケアする側はゴーグルを使用する

次回11月12日(木)20:00~ ふれあい歯科ごとう & ZOOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 食支援サポーター養成講座【内容】 食支援における「見つける(M)」人を地域で育てるために、各…
  2. こちらのPDFファイルをご覧下さい。 第102回新食研勉強会セミナーレポートダウンロード …
  3. 参加者(敬称略):五島、藤巻、垣内、桃井、清水、奥山、高梨、菅野、(事前準備:増田) ケアマ…

ピックアップ記事

  1. 2020-10-29

    第104回『新宿食支援研究会』勉強会

    食支援サポーター養成講座【内容】 食支援における「見つける(M)」人を地域で育てるために、各…

アーカイブ

ページ上部へ戻る